高岡クラフト市場街
開催日:2013年10月3日(木)~7日(月)
>>2013.10.8 UP!

高岡クラフト市場街 終了 たくさんの笑顔ありがとう

高岡のテワザ(クラフト)を、「見て」、「感じて」、「楽しんで」、「暮らしの中に取り入れていただく」取り組みを取り揃えて10月3日から7日までの5日間にわたって開催致しました高岡クラフト市場街が幕を下ろしました。
各会場にお越しいただいた皆様、また運営に協力いただいた方々、本当にありがとうございました。
2013年の市場街は終了致しましたが、次の機会にお会いできるのを楽しみにしております。
皆さまのたくさんの笑顔、本当にありがとうございました。

高岡クラフト市場街実行委員会

>>2013.10.3 UP!

「高岡クラフツーリズモ」定員に達しました。ご応募ありがとうございます。

工芸都市を体感するツアー高岡クラフツーリズモ。今年の工場見学は工芸・デザインを学ぶ学生、デザイナーやバイヤーに向けた、特別なプログラムでお楽しみいただけます! 鋳物、漆器の産地、伝統工芸都市高岡が、満を持してお届けする、超変化球系、工場巡りのモノづくりツアー。製品になるまでの全てのプロフェッショナルな行程が観れるクリエイティブなひととき。是非お越しください!
>>2013.8.1 UP!

クラフト市場街にCoiny登場!

今話題の、スマートフォンを使ったクレジットカード決済システム「Coiney(コイニー)」と提携し、市場街の各会場でクレジットカードの使用が可能になります。 お気に入りのクラフトとの出会いの機会を逃さず、お買い物をお楽しみ下さい。

高岡、はたらく仕事場、はたらく道具。

歴史都市、工芸都市 高岡
富山県の高岡市の歴史は、江戸時代の慶長14年(1609年)に加賀二代藩主・前田利長が高岡城と城下町を築いたことに始まります。その2年後、利長公が、金屋町に7人の鋳物職人を呼び寄せて以来400有余年、伝統工芸の銅器、漆器やアルミ産業が盛んな「工芸都市」としての歴史を重ねてきました。